1. トップページ
  2. メルマガ元気いっぱい

メルマガ元気いっぱい

最新号

┏┏┏┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┏┏┏       ケアタウンメルマガ元気いっぱい
┏┏             第522号
┏             2019/06/19(Wed)
┃            http://caretown.com/
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

   ▼今週の目次▼
    [1] ムロさんの予知予見:
      「高齢者ドライバー対策は地域包括ケア“推進"の一大テーマ」
    [2] 注目のニュース
    [3] 連載のお知らせ
    [4] 編集後記


   ↓↓↓ 新刊「地域ケア会議コーディネートブック」のお知らせ ↓↓↓
     ⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒
⇒地域ケア個別会議、自立支援サポート会議、地域ケア推進会議までを網羅。
支援困難となる30のテーマを取り上げ地域課題の発見から政策形成まで指南。
200の進行フレーズを盛り込んだ実践的マニュアルの決定版。(発行:第一法規出版)
⇒ http://caretown.com/write/index.shtml#bo02
⇒ https://www.daiichihoki.co.jp/store/products/detail/103356.html

       ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~



■┓━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┗■ ムロさんの予知予見
 ――――――――――――――――――――――――――――――――――

===「高齢者ドライバー対策は地域包括ケア“推進"の一大テーマ」===
      
  高齢者ドライバー問題は10年前から地域包括ケアのテーマとして上
 がっていました。免許返納が話題になっても「買物弱者をつくるだけ」
 「社会参加には必要」「他の移動手段がないのをどうする!」「ひきこ
 もってしまい認知症が進むだけ」と、問題はあるけど仕方ないという
 中途半端な空気で済ましてきた印象があります。

  ところが昨年の5月、茅ケ崎市で90歳女性が横断中の4人を死傷する
 事故がありました。そして今年4月に池袋で87歳の男性ドライバーが母
 親と幼い女児をひき殺し、自分も含め8人の負傷者を出した事件はあま
 りに悲しい事故でした。
  さらに全国で起こっている高速道路や一般道での逆走事故。その多
 くがなんらか認知機能に支障がある(認知症ドライバー)高齢者が起こ
 したことも明らかになってきています。

  これらの事故をきっかけにメディアもヒートアップ。特集も「なぜ
 高齢者が交通事故を起こしやすいか」という原因追及特集から、「どう
 したら事故を防げるか」という対策特集に軸足が移っています。ハード
 面では自動運転技術の導入、急発進抑制ペダルの装着、走行速度の制限
 などがいわれ、ソフト面では認知機能検査の質問のレベルアップ、高齢
 者技能訓練の義務化、制限免許の導入、環境面では運転エリアの指定、
 巻き込み事故防止のためのスクランブル交差点化、制度面では免許返納
 者への支援(金銭面、ポイント制)や急発進抑制ペダル装着補助金など
 があります。

  たしかに10年前なら今回事故を起こしている人は70代でした。とこ
 ろがあれから10年。60年世代ほとんどが80代となりやがて90代に。
 そして10年後には団塊世代が80代になるわけです・・・。
  ここでなんらかの先手を打っておかないと、「少子化」を嘆きなが
 ら高齢ドライバーの交通事故で子どもたち(未来の社会人)の命を奪い、
 その家族に不幸を強いるという「愚の骨頂」をしていることになりか
 ねません。

  たしかに免許返納の動きは確実に増えています。
  しかし高齢者の人に運転を止めさせるという発想だけでなく、安全
 に運転できる仕組みと技術的サポートと環境づくり、運転しなくても
 暮らせる人的サポートとまちづくりおよび消費流通網づくり、そのた
 めの制度的支援や医療的支援などを本腰入れて俎上にあげるタイムリー
 な機会ととらえることです。
  それこそ地域ケア会議が取組むテーマであり、第8期介護保険事業
 計画に反映され取り組むべきと考えます。

  地域包括支援センターにいまさまざまな問い合わせや相談が押し寄
 せています。これを3人の専門職でこなすのは限界を超えており、早
 急な予算的・人的支援は急務となっています。
  危険(リスク)や危機(クライシス)を過度に怖れて動かないことで
 なく、まずは始められるところから真摯に向き合うことです・・・。



■┓━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┗■ 注目のニュース
 ――――――――――――――――――――――――――――――――――

 1.サ高住 品質向上へ行動規範~サービス外付け、守ります~(高住協)
           
  併設事業所から必要以上に介護サービスを提供しているという「囲い
 込み批判」が強まっていることを受け、高齢者住宅協会(小早川仁会長)
 は、今年度からサービス付き高齢者向け住宅の品質向上化事業に取り組
 む。利用者がサービスを選択する権利を守るなどサービス提供のあるべ
 き姿を示す行動規範を策定。遵守宣言をした事業所について、ケアプラ
 ンを提出してもらい内容を確認する。サービスの実態を見える化ねらい
 もある。
 高住協 https://kosenchin.jp/kosenchinDefault/2_2015_09_11/P1.pdf

 2.社会保障費の伸び 昨年度の目安を踏襲 ~目立つ担い手拡大施策~
  政府は11日、経済財政諮問会議を開催し、経済財政運営の指針「骨太
 の方針」の原案をまとめた。社会保障関係費については、昨年度同様、
 高齢化による増加分に相当する伸びにおさめるという目安に沿った予算
 編成を行うと明記している。21日にも閣議決定する予定。原案では、今
 年10月に全世代型社会保障の構築に向け、消費税率を10%に引き上げる
 と明記した。一方で、来年度予算でも景気の落ち込みを防ぐ臨時・特別
 の措置を検討するとしている。 

--------------------------------------------------------------------
 最新ニュースは「シルバー新報」の協力により著作権の許可を得て掲載しています。
 シルバー新報 ウェブサイト→ http://www.silver-news.com/
--------------------------------------------------------------------


★…‥━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 連載のおしらせ
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━‥…★

 ◎中央法規:月刊ケアマネジャー6月号高室流つながりのデザイン術
 └→新連載「利用者と〇〇をつなげる」(Vol.3)



…◇ 編集後記 ◇………………………………………………………………………
  先週末、耳を疑うニュースが流れました。「和光市生活保護費返還金
 横領事件」です。2015年、生活保護の80代の女性が1200万円をタンス
 預金。それを発見したケースワーカーが250万円の返還金を回収。金庫
 に保管していたのを当時の保健福祉部長(福祉事務所所長兼務)が「その
 金は詐欺グループのカネらしい。警察に届ける」と嘘をつき200万円を
 ネコババしたという事件です。その容疑者があの自立支援スターともて
 はやされてきた東内京一氏(容疑者?)というから残念です。さらに後日、
 新たに500万円を詐取したというネットニュースの報道もありました。
 彼のパワハラ的な言葉づかいややり方には功罪さまざまに耳にすること
 がありました。介護予防にかかわる功績には一部イチ目置きつつもいさ
 さか残念に思うことも多かったのですが、ここにいたっては立派な犯罪
 であり福祉・介護関係者や行政関係者を立派に裏切る行為。これはフォ
 ローのしようがありません。介護・福祉業界でなぜか数年ごとに起こる
 スターや団体の不祥事事件。これがどのように尾を引くのか気がかりで
 す。(>_<) 
 <ムロ>


個人:http://www.facebook.com/shigeyuki.takamuro
ケアタウン総合研究所:http://www.facebook.com/caretown.jp

……………………………………………………………………………………………
■ 全てのお問い合わせはこちらまで→ info@caretown.com
■ ご感想はこちらまで→ koe@caretown.com
■ 購読申込→ m@caretown.com
■ 配信停止→ mag@caretown.com
■ 東京スクール申し込み→ i@caretown.com
〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓
編集及び発行責任者:S.Takamuro
提供:ケアタウン総合研究所( http://caretown.com/ )

購読のご案内

メルマガ申込アドレス

メールマガジン購読のお申込は、下記宛に空メールを送信してください。(QRコードでもメールアドレスが読み取れます)
メルマガ購読申込:m@caretown.com

購読にあたってのお願い
メルマガの配信はmail@caretown.comから配信されています。
迷惑メール対策の設定をされている方は、
必ずこのメールアドレスが受信できるように設定してください。
なお、このメールアドレスは配信専用となっておりますので、
配信されたメールに直接返信されないようお願いいたします。

バックナンバー一覧

  • 全国研修事業
  • ケアタウン向け東京スクール
  • 高室センセイの本音の勉強会
  • コンサルテーション
  • メルマガ元気いっぱい
  • 著書・監修・雑誌連載
  • 研修及び事業委託のご相談
  • ケアタウン総合研究所の概要
携帯サイトQRコード
携帯サイトQRコード
m.caretown.com