1. トップページ
  2. メルマガ元気いっぱい

メルマガ元気いっぱい

最新号

┏┏┏┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┏┏┏       ケアタウンメルマガ元気いっぱい
┏┏             第520号
┏             2019/04/29(Man)
┃            http://caretown.com/
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

   ▼今週の目次▼
    [1] ムロさんの読み:「昭和・平成・令和」
      ~時代の「仕切り直し」を上手に活用する~
    [2] 注目のニュース
    [3] 連載のお知らせ
    [4] 編集後記

     ↓↓↓ 新刊「介護予防ケアプラン作成ガイド」のお知らせ ↓↓↓
     ⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒
⇒本書のコンセプトは「いかに本人が動機づけられるか」。基本チェック
リストと興味関心チェックシートを使って利用者と予防プランを1回の訪
問で作りあげるという画期的なもの。すぐに活用できる9事例も掲載。
予防プラン作成がいっきに効率化できます。(発行:日総研出版)
⇒ http://caretown.com/write/index.shtml#bo03
⇒ https://www.nissoken.com/book/1872/index.html


       ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


■┓━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┗■ ムロさんの読み
 ――――――――――――――――――――――――――――――――――

===昭和・平成・令和~時代の「仕切り直し」を上手に活用する~===

  平成最後のメルマガとなりました。
  思えば昭和33年生まれの私の父・母は大正15年生まれ。そして祖母
 は明治30年前後だったはず・・・(忘れちまいました<(_ _)>)
  他界したのは私が中学3年生の頃。10歳の頃の私は明治生まれと聞く
 と「ずいぶんと昔に生まれたんだなぁ」と漠然と思っていたものです。

  それが自分の身に起こるとは、露ほど思っていませんでした。
 なにせ5月に生まれる子どもたちから令和生まれであり、20年後には令
 和生まれの子どもたちから「あああぁ(妙に感心され)、昭和33年生まれ
 なんですねぇ。それだと戦後13年目にお生まれになったのですね」なん
 て、微妙な距離感を取られるのでしょうかね。

  日本人は宗教・宗派を実に都合よく使いこなす民族です。12月25日
 はクリスマス(キリスト教)、元旦に初詣(神道)を行い、3月・9月はお
 彼岸(仏教)です。
  なかでも神社神道はすごい。四方に竹を立て、しめ縄を張り巡らせ結
 界をつくり、お祓いをすれば穢れが落とされ清浄になるという、消臭効
 果ならぬ悪縁退治のおまじない効果は抜群です。議員たちが好んで使う
 「禊」も同じ理屈ですね。

  元号もその習いを踏襲しています。
  新しい元号の令和。「命令、勅令、辞令」を連想する人も多く、居心
 地の悪さを一抹感じながらも、万葉集では「美しきもの」という語彙が
 あるとわかれば、「悪くないんじゃない」とすぐに心変わりする早変わ
 り感。これだって日本人らしいといえば、らしい。

  平成は昭和天皇の崩御の後の暗~い気分から始まった感がありました。
 しかし令和は生前退位ということなので妙に明るいのが特徴です。なに
 せゴールデンボンバーが令和をモチーフにした楽曲を先を競って作るく
 らいの勢いですからね。

  いろんな識者が平成を総括しています。まさにアップ(バブル景気)も
 確かにありましたが、ダウン(バブル崩壊、リーマンショック、失われた
 10年、オウム事件、格差社会、貧困化等)を比較するとダウンが多い30
 年でした。

  みなさんは平成をどのように振り返りますか?
  そして令和の時代をどのように生きようと思い描かれますか・・・

  人生のちょっとした「仕切り直し」に使ってみるのも、あんがいと良き
 ことかと思います。



■┓━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┗■ 注目のニュース
 ――――――――――――――――――――――――――――――――――

 1.ケアマネと医療機関~「情報連携」の認識にズレ~(シルバー新報)
           
  2018年度の介護報酬改定では、ケアマネジャーと医療機関との連携が
 手厚く評価されるようになったが、入退院時などに期待されている役割や
 実際に行っている業務について、お互いの認識にズレがあることが、厚生
 労働省の報酬改定検証調査で明らかになった。

 2.続く待機者減少傾向 ~特養整備見直し必要~(東京高齢施設協)
 
  東京都高齢者施設協議会は、都内の特養ホームの入居待機者が年々減
 少しているとする報告書をまとめた。有料老人ホームなど民間の施設が増
 え競合が起きているだけでなく、新規の特別養護老人ホームが続々と開設
 していることが理由として挙げられた。過剰に見積もられている待機者数
 を根拠に、整備を続ければいずれ経営がたちゆかなくなることになりかね
 ず、「自治体の施設整備の考え方を根本から見直してほしい」と訴えてい
 る。 

 3.深刻さを増すヘルパーの高齢化、20代はたった1% 60歳以上が約4割
 http://www.care-mane.com/news/10119?code=pc0426

 4.特養死亡事故で有罪判決 ~17人に介護職員2人~
 支援団体「どこで起きてもおかしくない」
 http://www.silver-news.com/ps/qn/guest/news/showbody.cgi?CCODE=12&NCODE=3396

 5.ICTで効率化~最大10億円の削減~(SOMPOケア)
 http://www.silver-news.com/ps/qn/guest/news/showbody.cgi?CCODE=12&NCODE=3395


--------------------------------------------------------------------
 最新ニュース1.2は「シルバー新報」の協力により著作権の許可を得て掲載しています。シルバー新報
 ウェブサイト→ http://www.silver-news.com/
--------------------------------------------------------------------



★…‥━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 連載のおしらせ
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━‥…★

 ◎中央法規:月刊ケアマネジャー5月号高室流つながりのデザイン術
 └→新連載「ファシリタイプを見分ける」(Vol.2)



…◇ 編集後記 ◇………………………………………………………………………
  コラムでは元号について、ちょっとポジティブに書きましたが、本音
 を申せば「令和、令和」と調子こいていていいのかと危惧することが山
 積みです。つい先だっての高齢者ドライバーの母子轢死事件。遺族であ
 る夫の「運転をしないという選択肢も考えてほしい」という悲痛な叫び
 に、どれほどの人が心打たれたでしょう。ちょっとやばいかなという自
 覚があっても「自分は大丈夫」とやり過ごしてしまう無神経さ。自動車
 は、加害者になった時のレベルが違います。人を傷つけ死に追いやるか
 もしれない道具、それが自動車です。30代にちょっとした自損事故(運
 悪ければ死んでいたかも)をしちまっている自分も他人事ではありませ
 ん。さてますます子どもの貧困、中高年のひきこもり、格差の固定化、
 高齢者の貧困化は進むでしょう。令を「冷」や「零」にさせてはいけま
 せん。できることは何か?と問うばかりで何も始めないのでなく、まず
 はなんでもいいから始めること・・・無駄や失敗だってやった意味は残
 ります。そんな危機感を抱きながら行動する自分でありたいと思います。
 <ムロ>

 個人:http://www.facebook.com/shigeyuki.takamuro
 ケアタウン総合研究所:http://www.facebook.com/caretown.jp


……………………………………………………………………………………………
■ 全てのお問い合わせはこちらまで→ info@caretown.com
■ ご感想はこちらまで→ koe@caretown.com
■ 購読申込→ m@caretown.com
■ 配信停止→ mag@caretown.com
■ 東京スクール申し込み→ i@caretown.com
〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓
編集及び発行責任者:S.Takamuro
提供:ケアタウン総合研究所( http://caretown.com/ )

購読のご案内

メルマガ申込アドレス

メールマガジン購読のお申込は、下記宛に空メールを送信してください。(QRコードでもメールアドレスが読み取れます)
メルマガ購読申込:m@caretown.com

購読にあたってのお願い
メルマガの配信はmail@caretown.comから配信されています。
迷惑メール対策の設定をされている方は、
必ずこのメールアドレスが受信できるように設定してください。
なお、このメールアドレスは配信専用となっておりますので、
配信されたメールに直接返信されないようお願いいたします。

バックナンバー一覧

  • 全国研修事業
  • ケアタウン向け東京スクール
  • 高室センセイの本音の勉強会
  • コンサルテーション
  • メルマガ元気いっぱい
  • 著書・監修・雑誌連載
  • 研修及び事業委託のご相談
  • ケアタウン総合研究所の概要
携帯サイトQRコード
携帯サイトQRコード
m.caretown.com