1. トップページ
  2. 全国研修事業
  3. 研修ジャンル

全国研修事業

サービス担当者会議

全国のケアマネジャーの共通の悩みがサービス担当者会議。減算対象になるほど重視され、ほぼ開催されるようにはなりました。しかし、実態はアリバイ会議だったり、とりあえず会議だったり。現場の声は「意義はわかる」けど、「開き方がわからない、進め方がうまくいかない、まとめ方で苦しくなる」という声が多数です。その理由は会議の技術がないからです。共著「ケア会議の技術」(中央法規出版刊)で展開したファシリテーションの技術が必要となってきます。チームケアにとって会議とは「情報共有」の場であり、思いの確認の場であるのです。会議上手こそマネジメント上手なのです。

チームケアにおける共感の場・交流の場であり、利用者中心のケアを作りだすクリエイトな機会となるようなサービス担当者会議が求められています。

対象

ケアマネジャー、サービス事業所、地域包括支援センターなど

人数

50~200人(応相談)

時間

3~6時間

研修の主な構成

  1. サービス担当者会議が開けない原因を分析
  2. サービス担当者会議とファシリテーションの技術
  3. 会議は準備と仕込み?お知らせから開催まで?
  4. 楽しい・意味あるサービス担当者会議に開き方・進め方
  5. サービス担当者会議でつくるチームケア
  • 全国研修事業
  • ケアタウン向け東京スクール
  • 施設向け平日セミナー
  • コンサルテーション
  • メルマガ元気いっぱい
  • 著書・監修・雑誌連載
  • 研修及び事業委託のご相談
  • ケアタウン総合研究所の概要
携帯サイトQRコード
携帯サイトQRコード
m.caretown.com