ケアタウン総合研究所

  • Facebook
  • Facebook

全国リアル研修

アセスメント

「ケアマネジメントの基本はアセスメント(見立て)」です。でも一方で多くのケアマネジャーが悩んでいます。

アセスメントとは、「これまでの暮らしと現在の暮らし、望む暮らしを把握し、今の暮らしに潜む阻害要因を整理し、どのようにすれば“望む暮らし”が可能となるのか、をシミュレーションするプロセス」です。

アセスメントでは傾聴だけでなく、表情の読み取りや動作観察、居室・周辺環境の観察が重要です。また家族環境・人間関係なども大切なアセスメント情報です。チームアセスメントの視点からアセスメントを学びます。

なお、高室成幸が09年から提唱する個別性と「本人(自分)らしさ」に着目したCADL領域についても学べる研修です。利用者の「暮らしへのこだわり」と本人がもつ「文化性」に着目したユニークなアセスメント領域です

対象

新人・中堅・ベテランのケアマネジャー、主任介護支援専門員、居宅介護支援事業所の管理者、法人責任者 など

人数

50~200人(応相談)
※オンライン研修も可(30人~最大80人)

時間

3~6時間

主な構成

  1. アセスメントとは何か?
  2. アセスメント手法~傾聴法、観察法、動作再現~
  3. 質問力を使ったアセスメント手法
  4. ICFの基本的考え方とアセスメントへの活かし方
  5. 現場と行うチームアセスメント
  6. ADL(日常的基本動作)のアセスメント
  7. IADL(暮らしの動作)のアセスメント
  8. CADL(文化的日常生活領域)のアセスメント
  9. 家族環境・人間関係・住環境・地域環境のアセスメント
  10. 屋内の間取り図、周辺マップを活用したアセスメント など
一覧へ戻る
お問い合わせはこちら