1. トップページ
  2. メルマガ元気いっぱい

メルマガ元気いっぱい

最新号

┏┏┏┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┏┏┏       ケアタウンメルマガ元気いっぱい
┏┏             第497号
┏             2017/11/30(Thu)
┃            http://caretown.com/
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

   ▼今週の目次▼
    [1] ムロさんの注目!:新定年者は「お宝の山~
      スキルを持った高齢者」
    [2] 最新業界ニュース
    [3] 今週の「駆け込み寺」
    [4] 「障がいのある人の性支援ガイドブック」
        (坂爪真吾著:中央法規出版 定価2500円+税)
    [5] 東京スクールのご案内
    [6] 今週のおしらせ
    [7] 編集後記

        ↓↓↓ 東京スクールのお知らせ ↓↓↓
     ⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒
  ⇒ケアマネジメントの学校(8) 「苦情」に強くなる!苦情は
  利用者(家族)からの「贈り物」~ケアマネジメント・ケア
  サービスの質の向上と権利擁護に活かす~(定員15名限定 残席8名)
│日 時│12月10日(日)10:30~17:00 
│詳 細│WEBにて→http://caretown.com/tokyo/caremanage2912.shtml


       ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

■┓━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┗■ ムロさんの注目!
 ――――――――――――――――――――――――――――――――――

===新定年者は「お宝の山~スキルを持った高齢者~」===

  ちょうど数日前、私が尊敬する演出家:石塚克彦さん(劇団ふるさと
 きゃらばん)の出版記念パーティーがありました。石塚さんは農村が抱
 えるさまざまな問題を笑いとパッションあるミュージカルに仕上げる名
 人でした。
  残念ながら2年前に他界されました。そこでのある方のあいさつです。

  「石塚さんが亡くなられたのがとても惜しい。実は先日、こういう
 話を聞きました。定年になって田舎暮らしをしている人たちも少し働か
 なくてはいけないので、トマトを栽培する会社で雇ったそうです。する
 と収穫が5倍になったというのです。なぜでしょう・・・その社長は、
 高齢者のスキルが高くてビックリですよと言います。一人はバイオの技
 術者、一人はシステムエンジニアですから、データをしっかりとって一
 気に収穫を上げてくれたと。外国人はいつの間にかいなくなるけど、そ
 んな心配もない、とね。このネタをミュージカルに盛り込んでもらいた
 かったと心から思います。」

  このあいさつで注目したのは「定年後の意外な活躍」の話です。
  私の友人たちも「定年後どうするか」を考える世代になりました。
 しかし、どうやればいいか、は今一つはっきりしない。年金の受給年齢
 も引き上げられているので、ならば、そのまま残って給料5割減ながら
 継続雇用でサポート的な仕事に就く人が77%もいるという調査結果も
 あります。

  「アクティブシニア」という言葉があるように、現代の60歳はまだ
 まだ若い。体力や知力・仕事力もあれば、なにより働く意思を持った人
 が多いのに注目したいのです。
  20年前なら「老後は悠悠自適な暮らし」が理想だったかもしれませ
 ん。しかし、何もしない老後は退屈なもの。退屈な日々は体をなまらせ、
 気力を削ぎ、やがて「何もできない老人」を作り出します。

  団塊の世代が高度経済成長を引っ張ったといわれますが、その団塊高
 齢者が日本の年金制度や医療・介護保険制度の「お荷物」的な扱われ方
 をしています。「何もしない、何かしてもらえる」ようにおんぶにだっ
 こなら確かにお荷物でしょう。しかし「仕事のスキル」だけでなく「老
 後の膨大な時間」を地域のために役立てようとアクションを起こしても
 らえるなら、それは「宝の山」です。

  そして、わが昭和30年代生まれの「新定年世代」は、それに加えて
 「まとまって何かをやる」というセンスを持った人が多いのが特徴です。
 (団塊世代は数が多い分、突出すること、発言することばかりに長けた
 人が多い印象です)

  私は本業ボランティアを提唱しています。
  本業のスキルをボランティアで活用しましょうということ。震災時の
 医師や看護師たちのボランティアなどが一つの例です。施設の介護士や
 ケアマネさんにはぜひとも定年後にはそのスキルをボランティアで活か
 してもらいたいなと。ボランティアでやってこそ介護保険の枠をこえた
 ユニークなことができるのでは・・・?まさにみなさんがアクティブシ
 ニアの予備軍であり「宝の山」と私は思います。(^-^)


■┓━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┗■ 最新業界ニュース
 ――――――――――――――――――――――――――――――――――

 1.生活援助「多過ぎ」プラン~地域ケア会議で検証義務化~(厚労省)

  厚生労働省は22日、居宅介護支援、老人保健施設などの報酬改定案を
 介護給付費分科会に提出した。飛び抜けて生活援助を位置づけているケア
 プランは、ケアマネジャーが届け出て、地域ケア会議で検証することを提
 案した。廃止も視野に検討することを求められていた特定事業所集中減算
 だが、訪問介護、通所介護、福祉用具レンタルの民間3大サービスは継続
 するとした。

 2.「ちょっと介護で働きたい」研修に女性が殺到(練馬区)
  自治体独自の工夫をして家庭に眠っている未来の介護職の掘り起こし
 を軌道にのせたのが東京・練馬区だ。14時間と短時間で、研修時間も午
 前9時50分から午後2時半まで。子育てママが参加しやすいよう、事業者、
 行政が知恵を絞った。介護予防・日常生活支援総合事業による家事サー
 ビスの担い手になってもらう。11月中旬に行った研修会も定員70人に対
 し、140人を超える応募があり、倍率は2倍の狭き門となった。

 3.介護職のフットケア 医師法に抵触せず(経産省)
  経済産業省は20日、高齢者介護施設に入居する高齢者の巻き爪や皮膚
 の乾燥のケアなどを介護職員が行うことについて、医師が治療の必要が
 ないと判断すれば医師法第17条に規定する医療行為には抵触しないとす
 る見解を発表した。

--------------------------------------------------------------------
 最新ニュースは「シルバー新報」の協力により著作権の許可を得て掲載し
 ています。シルバー新報 ウェブサイト→ http://www.silver-news.com/
--------------------------------------------------------------------


■┓━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┗■ 今週の「駆け込み寺!」
 ――――――――――――――――――――――――――――――――――

 「サ高住のケアマネをやっています。会社から支給限度額いっぱいのプ
 ランを作るように指示されます。必要でもないのに入れなければいけな
 いと言われ・・・。会社と利用者さんとの間で板挟みになり、正直ツラ
 イです」(M.Yさん 女性 ケアマネ歴1年未満)

 【ムロさんの助言】
  今回の介護報酬改定で財務省(これが妙ですが・・・)が問題視して
 いるのがサ高住における「過大なサービス」利用。支給限度額の枠内で
 キッチリと介護サービスを組み込むことは悪いことではありません。し
 かし、サ高住に入る前の在宅で限度額の5~6割の利用でやってきたの
 に、バリアフリーで狭い個室に暮らすようになったら10割利用すること
 が前提になってしまうのはどうしてか、ということを私は疑問視し常々
 警鐘を鳴らしてきました。共有スペースがあるのですから無理に建物内
 のデイサービスを利用する必要もないはず。「疲れたので午後は部屋で
 休ませてくれ」と部屋に戻られたら、半日分を減額して請求しているか
 も気になるところです。どうやら来年の4月以降はサ高住のケアプラン
 を地域ケア会議で検討することが決まりそうです。まずは地域包括支援
 センターに相談してみましょう。

       ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


■┓━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┗■ ムロさんの本棚から
 ――――――――――――――――――――――――――――――――――

 「障がいのある人の性支援ガイドブック」
 (坂爪真吾著:中央法規出版 定価2500円+税)

 【ムロさんの書評】
  なぜ障がいのある人たちの性に対して支援が必要なのでしょう。そ
 れは今まで「見て見ぬふり」をされてきたから。性については「個人
 的な問題」「自己責任・自助努力で解決すべき問題」という価値観が
 主流となっている、排泄はケアの方法や理論が確立されているのに性
 についてはまったくそうはなっていないと坂爪氏は語ります。たしか
 に性への支援を行わなくても明日からの生活が破綻するわけではない
 が、「長期的にみると性に関する支援の欠如は、本人及び家族、周囲
 の人たちの生活と健康に極めて深刻な影響をもたらしている」と問題
 提起します。性に関する支援の有無は「自尊感情」に影響を及ぼし、
 性的な積極性と社会的な積極性の間には「相関関係」があると分析し
 ます。
  「性的自立」は人間らしさの獲得と主張する本書では、恋愛のス
 タートラインから性生活のスタートラインに立つための支援方法や実
 践的な事例も交えて展開されます。40代~の中途障がい者支援や要介
 護の高齢男性支援にも参考となる内容です。

       ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


★…‥━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 東京スクールのご案内
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━‥…★

 ≪場 所≫新宿御苑前駅 研修会場(ルネ新宿御苑タワー2階)
 ≪申込み≫ホームページより→ http://caretown.com/tokyo/
 (メール、電話、Faxでも受付中!WEBから申込可能!)

 ⇒ケアマネジメントの学校(8)「苦情」に強くなる!苦情は利用者
 (家族)からの「贈り物」~ケアマネジメント・ケアサービスの質
 の向上と権利擁護に活かす~(定員15名限定)
 │日 時│12月10日(日)10:30~17:00 
 │詳 細│WEBにて→http://caretown.com/tokyo/caremanage2912.shtml

 ⇒ケアマネジメントの学校(9)「ケアマネ事業所の人材マネジメン
 トと心が折れないメンタルマネジメント~人材採用・ケース担当・
 人材育成、ストレスケアとモチベーションアップ~」(定員15名限定)
 │日 時│1月28日(日)10:30~17:00 
 │詳 細│WEBにて→http://caretown.com/tokyo/caremanage3001.shtml


★…‥━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 今週のおしらせ
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━‥…★

 ◎中央法規『けあサポ』ブログ
 今週の「ケアマネさん、あっちこっちどっち」
 └→「会議力セミナーをやった!」(第503話)
 URL:http://www.caresapo.jp/senmon/blog-takamuro/30057

 ◎中央法規:月刊ケアマネジャー11月号高室流ケアマネジャーの働き方改革
  └→「仕事と自分チャレンジ」(Vol.8)


…◇ 編集後記 ◇………………………………………………………………………

  最近、とみに凝っているのがAbema-TV。それも21:00から始
 まる2時間のニュース番組です。インターネットTV(無料)ですか
 ら放送倫理委員会を気にする必要もなく、社会のタブーをスルーす
 ることなく果敢に挑むチャレンジ精神溢れる番組です。とにかく取
 り上げるテーマが実に早い。お笑い芸人もコメンテーターで出てい
 ます。なかでも昨日、嫌われ芸人村本が座間自殺サイト事件で実名
 報道の件で言及しました。「どうして被害者の実名報道をするので
 すかね。家族も嫌やと言うてるのに。番組ディレクターは事件を風
 化させないためだ、と言っていましたけど、ここ1週間、日馬富士
 の事件ばっかりですね。もう風化していません?」と指摘。この素
 朴な疑問はとても大切。疑問は本質をあぶりだす力を持っています。
 だからいつか書きたいものです、「ケアマネジャーの疑問力」を
 (^_^;)。<ムロ>
 個人:http://www.facebook.com/shigeyuki.takamuro
 ケアタウン総合研究所:http://www.facebook.com/caretown.jp

……………………………………………………………………………………………
■ 全てのお問い合わせはこちらまで→ info@caretown.com
■ ご感想はこちらまで→ koe@caretown.com s
■ 購読申込→ m@caretown.com
■ 配信停止→ mag@caretown.com
■ 東京スクール申し込み→ i@caretown.com
〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓
編集及び発行責任者:S.Takamuro
提供:ケアタウン総合研究所( http://caretown.com/ )

購読のご案内

メルマガ申込アドレス

メールマガジン購読のお申込は、下記宛に空メールを送信してください。(QRコードでもメールアドレスが読み取れます)
メルマガ購読申込:m@caretown.com

購読にあたってのお願い
メルマガの配信はmail@caretown.comから配信されています。
迷惑メール対策の設定をされている方は、
必ずこのメールアドレスが受信できるように設定してください。
なお、このメールアドレスは配信専用となっておりますので、
配信されたメールに直接返信されないようお願いいたします。

バックナンバー一覧

  • 全国研修事業
  • ケアタウン向け東京スクール
  • 施設向け平日セミナー
  • コンサルテーション
  • メルマガ元気いっぱい
  • 著書・監修・雑誌連載
  • 研修及び事業委託のご相談
  • ケアタウン総合研究所の概要
携帯サイトQRコード
携帯サイトQRコード
m.caretown.com