ケアタウン総合研究所

  • Facebook
  • Facebook

全国リアル研修

質問力

「どう質問したらいいんだろう」と悩んだ時はアセスメントやモニタリング、会議の進行時、事例検討会などで抱える悩みの第1位が「質問の仕方」です。質問力そのものが相談援助職の必須スキルなのです。

この研修「質問力4つの力」にはじまり、「クローズド質問、セレクト質問、オープン質問」の仕方、「6W1H1Rでたずねる具体的質問」、質問の広げ方・深め方、さらにケアマネジメントのシーンごとに活用できる質問法などをワークショップをまじえて実践的に学べる人気の研修です。

対象

ケアマネジャー、主任介護支援専門員、相談支援専門員、地域包括支援センター、施設管理者

人数

50~200人(応相談)
※オンライン研修も可(30人~最大80人)

時間

3~5時間
※研修時間、相談可

主な構成

  1. 質問力の「4つの力」 (考えさせる/気づく/動機づける/関係をつくる)
  2. クローズド質問、セレクト質問、オープン質問
  3. 「6W1H+1R」の視点で引き出す具体的質問
  4. 質問の「組み立て方」と反応の「読み取り方」
  5. 回答へのリアクションの勘所(表情・声・動作・態度)
  6. 質問力でアセスメント(生活状態、健康状態、家族関係、生活歴・家族歴・職業歴・趣味歴・人柄等)
  7. 質問の磨き方(日常的使いこなし術/自問自答で磨く等)

※ワークショップ:質問シートの活用

一覧へ戻る
お問い合わせはこちら