ケアタウン総合研究所

  • Facebook
  • Facebook

全国リアル研修

モチベーション

介護・福祉のかかわる仕事は「感情労働」のなかでももっともストレスフルな仕事。利用者(家族)からの心ない言葉や態度、支援の効果がなかなか見えない現実、心身の状態が低下していくことに向き合うことへの不全感を抱き、それらがモチベーションに大きく影響します。「折れない心」を育てるためにどうしたらよいか。明日もがんばりたいと思うあなたがどのようにモチベーションアップをすればよいか。その手法はなんと21もあります。自分に合ったモチベーションアップの手法を実践的に学べる研修です。

いつも「元気でいたい、わたし」になるためのノウハウが学べます。

対象

ケアマネジャー、主任介護支援専門員、相談支援専門員、地域包括支援センター、施設管理者

人数

50~200人(応相談)
※オンライン研修も可(30人~最大80人)

時間

3~5時間
※研修時間、相談可

主な構成

  1. ケアマネ・福祉職の「心の危機」と感情労働(ケアの仕事とモチベーション/モチベーションと感情労働の関係)
  2. どうしてストレス過多とモチベーションダウンするのか(心の耐性を強くする)
  3. ポジティブ感情とネガティブ感情の読み込み方
  4. 内的動機づけと外的動機づけでモチベーションアップ
  5. レジリエンス(心の回復力)でモチベーションアップ
  6. 人生満足度とモチベーションアップの勘所
  7. モチベーションメソッド21の勘所のポイント(例:自己モチベーション、キャリアデザイン、劣等感パワー、期待モチベーションなど)
一覧へ戻る
お問い合わせはこちら