ケアタウン総合研究所

  • Facebook
  • Facebook

全国リアル研修

地域ケア会議~支援困難ケース対応~

介護保険制度上も「義務化」となった地域ケア会議は「多職種協働による地域包括ケアシステム」 構築の仕組みです。ところが全国の市町村や地域包括支援センターでは「開き方・進め方」に悩む声は多くあります。
地域ケア会議は「個別課題の解決」(個別ケース対応)だけが目的ではありません。地域課題、多職種連携、地域資源の育成・開発、政策形成などの課題の抽出を通じて、地域包括ケアシステム構築に貢献できるすばらしい「インキュベーション機能」の1つです。
地域ケア会議の資料の準備から進め方、個別ケースの抽出の方法、地域課題解決支援の整理、参加者と助言者設定から準備、進行の流れと勘所を学びます。「地域ケア会議」の基本を押さえればとても充実した会議にすることができます。高室成幸がロールモデルの「進行役」となって体感してもらう「模擬地域ケア会議」を体験して学びにつなげワークショップも行っています。

オンラインでの模擬地域ケア会議も行うことも可能です。

対象

行政、地域包括支援センター、主任介護支援専門員、介護サービス事業者、医療関係者、病院のMSW(地域連携室)、民生委員、生活支援コーディネーターなど

人数

50~300人(応相談)
※オンライン研修も可(30人~最大80人)

時間

3~5時間
※研修時間、相談可

主な構成

  1. 地域包括ケアシステムと地域ケア会議の意義
  2. 地域ケア会議の5つの機能と展開方法
  3. 地域ケア会議の仕組みと構成
  4. 地域ケア会議で取り扱うテーマと抽出方法
  5. 地域ケア会議の準備(参加者の設定/資料の準備/会場設営)
  6. 地域ケア会議の話し合いの勘所
  7. 地域ケア会議の演習(模擬地域ケア会議)

≪参考テキスト≫

一覧へ戻る
お問い合わせはこちら