ケアタウン総合研究所

  • Facebook
  • Facebook

全国リアル研修

ケアプラン点検

介護保険制度の持続可能性と事業所抱え込みプランなど、コンプライアンスの視点からケアプラン点検に熱い注目が集まっています。
その柱となるのがケアマネジメント適正化事業として厚生労働省老健局から通知された「ケアプラン点検支援マニュアル」(平成20年7月)。
ケアプラン点検は自立(自律)支援を柱に、現在のケアプランレベルを把握し、ケアプラン作成がなぜうまくいかないか、どのようなアセスメント作業に抜け洩れがあるのか、どのようにすればプランニングの力量があがるのかを明らかにします。スーパービジョン手法も大胆に取り入れ、指導でなく「気づき」に着目した画期的なマニュアルです。
市町村のケアプラン点検事業の効果的な進め方、準備から評価までを本マニュアルの制作に直接かかわった高室成幸がそもそものコンセプトから使い方まで具体的に解き明かし学べる研修会です。

対象

地域包括センター、主任介護支援専門員、介護支援専門員

人数

50~200人(応相談)
※オンライン研修も可(30人~最大80人)

時間

3~8時間(複数回分割しても可)

主な構成

  1. ケアプランの現状~なぜこんなプランなってしまうのか?~
  2. 点検マニュアルの意義と読み解きの勘所
  3. 点検マニュアルの活用のポイント
  4. ケアプラン点検事業の円滑な進め方
  5. ケアプランの抽出~要介護度、疾患別、年齢別、日常生活圏域別、居宅介護支援事業所別、居住系施設別など~
  6. 1表のケアプランチェックの勘所
  7. 2表をケアプランチェックの勘所
  8. 3表をケアプランチェックの勘所
  9. ケアマネジメント力が向上する実践的なマニュアル活用法
一覧へ戻る
お問い合わせはこちら