ケアタウン総合研究所

  • Facebook
  • Facebook

全国リアル研修

採用と育成

ケアの仕事の主体は「人材」です。現場では介護スタッフがケアを提供するプロセスでアセスメントし、リスクマネジメントを行っています。つまり人材の質が、ケアの質を維持し高めてくれます。反対にケアの質を落とし介護事故や介護虐待(不適切なケア)を誘発することもあります。

ケア現場で働く人は専門学校や専門大学で学んだ介護・福祉専門職や医療専門職・栄養士職は約4割です。約6割は一般の多様な職業からの転職組と非常勤職員(ヘルパーなど)で構成されます。
これからますます認知症ケアや終末期ケアなど、高いケア技術が求められます。
だからこそ人材育成なのです。
人材育成のスタートは面接・採用から。これからは高齢者や外国籍の人も含まれてきます。複数面接により応募者の魅力や能力を多面的に評価し、実技観察でケア技術を客観的に評価できるので、適切な配属と新人育成が可能となります。「伸びしろのある人づくり」のノウハウを学ぶことができます。

対象

施設長、施設管理者、現場リーダーなど

人数

10~50人(応相談)※オンライン研修も可(10人~最大50人)

時間

3~6時間

主な構成

  1. ケアという仕事の「5つの特徴」 ~感情労働の視点から~
  2. ケア現場における人材マネジメントと人材の育成の特徴
  3. 人材採用 ~複数面接の方法~
  4. 面接質問と面接シートの活用方法
  5. 人材採用 ~実技観察の方法~
  6. 採用評価の評価軸と検討の方法
  7. 人材育成 ~新人育成~
  8. 人材育成 ~初期研修、中堅・指導的職員研修~
  9. 人材育成 ~組織マネジメント~
一覧へ戻る
お問い合わせはこちら