ケアタウン総合研究所

  • Facebook
  • Facebook

コンサルティング

ケアタウン総合研究所は「あたらしい福祉人材の育成」と「地域包括ケアシステムの質的向上」をめざし、市町村行政、社会福祉法人、居宅介護支援事業所、有料老人ホーム、金融機関などのクライアントに多様な手法を活用して、数多くのコンサルティングを行ってきました。

ケアプラン・コンサルティングのダイジェスト動画

ケアプラン・コンサルティングの様子をダイジェストで紹介。講義、個別指導などの様子も一部収録してあります。

クライアントの領域とテーマ

ケアタウン総合研究所にコンサルティングを依頼するクライアントは以下の領域の方々です。クライアントの強味や特性に着目し、問題解決でなく「課題達成型」のコーチングノウハウを活用します。組織全体のモチベーションアップをめざしたコンサルティングを得意とします。

クライアント

  • 市町村行政
  • 社会福祉法人(特養)
  • 居宅介護支援事業所
  • 有料老人ホーム
  • 金融機関など

コンサルティングテーマの例

  • 市町村の介護保険事業計画
  • 職員の定着化とモチベーションアップ
  • ケアプラン技術の向上
  • 地域包括支援センターの職員の人材育成
  • 地域ケア会議の質の向上
  • 介護保険商品へのアドバイスなど

コンサルティングの方法

コンサルティングはおもにオンラインを使って行われます。定期的なヒヤリング、研修、個別指導の3本柱で1か月~12カ月の期間を使って行います。
次のような多様な手法を活用し、クライアントが持つ問題点を洗い出し、組織のイノベーションにつながる高い評価をいただいています。

  • 定期的な全体ヒヤリング
  • 定期的な個別&グループヒヤリング及び指導
  • ブレークアウトセッション(グループワーク)
  • スーパービジョン、ピアスーパービジョン
  • 相談援助技法の個別ビデオロールプレー
  • 事例検討会のロールプレーなど

※なお、希望があればレコーディング記録を行い、振り返り動画として提供。

お問い合わせはこちら