ケアタウン総合研究所

  • Facebook
  • Facebook

全国リアル研修

CADLアセスメント

いま注目を集めているのが「CADL」(文化的日常生活行為:Cultural activities of daily living)。これまでのADL・IADL・健康状態中心のアセスメントでは重きをおかれなかった「生きがい、心地よさ、暮らし方」などを評価する新しいアセスメント領域です。2008年に出版した「ケアマネジャーの質問力」(中央法規出版)で高室成幸で提唱しました。

CADLはケアマネジメント学や認知症ケアで使われてきた「その人らしさ、なじみの関係・場所・人、個別性、ストレングス(強さ)」などの用語を包摂するものです。ADL・IADLはCADLを「支える」ための機能であり、CADLはADL・IADLの改善に向けて本人を「動機づける機能」を持ちます。

CADLの視点から行うインテークとアセスメント、ケアプラン作成、相談面接技術、個別ケア手法などを学べる研修です。

対象

ケアマネジャー、主任介護支援専門員、相談支援専門員、理学療法士・作業療法士、地域包括支援センター など

人数

50~200人(応相談)
※オンライン研修も可(30人~最大80人)

時間

4~6時間

主な構成

  1. CADLとICF~サブ概念としての「CADL」の誕生~
  2. CADLと利用者のモチベーション
  3. CADLを引き出す意欲動機づけシートの活用
  4. ADLをCADL的にアセスメントする
  5. IADLをCADL的にアセスメントする
  6. CADLにおけるアセスメントの特徴とその手法(生活史・生活歴/生活習慣、育ち(出身地など含む)/性格、価値観、こだわり、困難への対処法/家族歴と家族関係/教育歴と職業歴を把握する/趣味歴と好み・嗜好)
  7. CADLを活用した関係づくりと相談面接の手法
  8. CADLを活用したケアプラン作成の手法(利用者の生活への意向/課題設定、長短期目標の設定、サービス内容と役割分担/総合的援助方針の方向性とチームケア/週間サービス計画への活用)
  9. CADLを支えるチームケア(チームによるチームアセスメント/ケアチームによる役割分担/ケアチームによるチームモニタリング)
一覧へ戻る
お問い合わせはこちら